×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学長挨拶




 「第65 回大学祭に寄せて」  三重大学学長 内田淳正
 テーマを「進華―生まれ変わる三重大祭―」とする本年の大学祭の開催をうれし く思います。現在の若者の閉塞感を「生まれ変わる」との言葉で自らの意志や行動力を示そうとする強い意気込みを感じています。
 進化論で有名なあのダーウィンは「もっとも強いものや賢いものが生き残るのではなく、 変化できるものが唯一生き永らえるのだ」とあります。 自らが変わることがいかに大切かを教えています。現代社会は自らの周りの環境をめまぐるしく変化させます。 それに対応していかなければ人生を生き抜くことはできないでしょう。
 進歩して発展することを三重大生たちは「 進華」という造語で表現しています。 若者らしく進んで「華」を求めることは素晴らしいことです。 しかし、「華」の陰に潜む虚飾には注意しなければなりません。 実質を伴う華のある大学祭になること、それが近隣のコミュニティーはもとより多くの子供たちの夢を育むことにつながるはずです。